動画ビジネスで働いていこうと考えている方に読んでもらいたいです。
最近の動画ビジネスは大変難しくなってきています。
先行投資で動画を上げていた人が今、億万長者になっている例があります。
それでは、今から動画ビジネスに参入しても無理なのかと言いますと、そんなことはありません。
やり方によっては、まだ動画ビジネスで稼ぐ方法はあります。
たとえば、自分の商品を持つことです。
自分の商品というのは、「化粧品」「マーケター」「講師」などです。
これらの自分の商品をYouTubeやトップバズなどで発信していくのです。
これなら、チャンネル登録数2000人くらいで、再生数の平均1000くらいでも、戦っていけます。
YouTubeのような動画ビジネスで、グーグルアドセンスだけで稼ぐには、相当なチャンネル登録数が必要です。
確かに、たくさんの再生数を取れる人には、グーグルアドセンスは有効でしょうが、YouTuberをやり始めた人がすぐに稼げるわけではありません。
しかし、目標としていつかはグーグルアドセンスで稼げるようになるというのはいいでしょう。
そういうことを全く考えないで、とにかく「自分が面白い動画」をつくるのも重要です。
まず、自分が面白いと思えなければ、他人も面白いと思ってもらえないからです。
動画ビジネスの面白いところは、過去の自分の動画を見てもらえるということです。
自分のチャンネルに興味を持ってくれた人が、過去の自分の動画を見てくれることがあるのです。
そうすると、それでも、収益を生む可能性があるのです。
YouTubeの場合、グーグルアドセンス広告を出すにはある程度、チャンネル登録数、総再生時間などを達成していなければなりません。
ですので、最初はそれをクリアするために頑張る必要があります。
広告を出せるようになってから、挑戦がはじまるといっても過言ではないでしょう。
しかし、先にも言ったように、自分の商品は最初から宣伝できます。
ですから、広告がつくまでは、それでなんとか食いつないでいきましょう。
自分の予算に応じた動画をつくるのも肝です。
たとえば、お金を使う動画を出そうとしても、お金がないクリエイターには無理です。
自分のできる範囲で頑張るのがいいです。
動画ビジネスは、「動画編集パソコン」「カメラ」「編集ソフト」など必要なものがありますが、基本的にはそれさえ揃えればあとは、動画をつくっていくだけです。
カメラに関して言えば、最初はスマホでも十分でしょう。
最近のスマホなら結構きれいに撮影できるのです。
ぜひ、動画ビジネスで頑張って欲しいです。